スリミングジェルの基本はお風呂上がりに使う

スリミングジェルを効果的に使うなら断然、お風呂あがりがオススメ。

お風呂あがりが良い理由には…

  • 代謝が活発化されている
  • 毛穴が開いてるから有用成分が浸透しやすい
  • 皮膚に柔軟性が生まれてマッサージしやすい
  • お風呂あがりは乾燥しやすいので保湿時だから
  • 冷え性体質の方も風呂あがりは血行が良いから

上記のような理由があります。
注意点としてはスリミングジェルの中には水に強い反応を示す成分が入っているケースがあります。温感作用のある成分などは水と混ざるとより作用の体感を大きく感じることがあります。

できるだけお風呂上がりすぐに水分をふきとり乾燥したい内にスリミングジェルを使うのが最も効果的となります。

マッサージも一緒に行う

スリミングジェルは塗って放置ではダメ!
マッサージと併用することで効果を発揮してくれます。

特に心臓に遠い体のパーツほど、血行も悪く老廃物も溜まりやすいです。脚痩せに使う人も多いスリミングジェルは心臓に遠い部分から徐々に心臓に近づくようにマッサージをしていくのが基本中の基本。

マッサージ方法も力任せにゴリゴリやるのではなく肌のキメに沿って優しく馴染ませながら行っていきましょう。

太ももやお尻など脂肪が多くセルライトもできやすい部分は力を入れてマッサージしても問題ありません。そして体全体でなく気になる部分だけスリミングジェルを利用する方法もあります。

自分の理想とする体型に近づけるために用途にあった使い方をするのが大切です。

温感成分入りのスリミングジェルは注意!

温感成分強めのスリミングジェルはお風呂上がりの代謝、体温が高い状態でも人によっては「熱い」「痛い」を感じるケースがあります。肌が弱いと感じている人は温感成分入りは避ける。もしくは少量ずつ塗って肌を慣らしていくことが大切です。

あと絶対に顔に塗るのはやめてください。

顔が真っ赤になりヒリヒリして外に出られなくなります…
そして、キズがある場合も絶対に使用しない方がいいですね。

熱刺激に弱い、肌が敏感、キズがある…こんな人は温感系スリミングジェルはやめて、温感作用がなく保湿効果も高いスリミングジェルがオススメです。

ページの先頭へ