エステに通わなくても自宅でセルライトを解消する方法

セルライトが酷い女性の後ろ姿

皮膚が凸凹になってまるでミカンの皮のような状態になっているのがセルライト。脂肪が肥大化して蓄積されています。原因は血行不良、冷えや浮腫み、ホルモンバランスなど諸説は色々あります。

セルライトの状態によってレベル分けもあり、自宅で頑張ればケアができるレベル、できないレベルも存在しています。

まずは自分のセルライトがどのレベル段階にいるのか把握して自力で治せるようであれば自宅解消方法へと進んでみてください。

見て分かるセルライトの段階レベル

レベル1 ≫ キズ、アザが治りにくい

この段階ではまだ外見に肌の凸凹状態を確認することはできません。多くの方が気づかないですがセルライトが蓄積されているサインとしては傷、アザがいつもより治りにくいと感じた時です。脂肪が定着しはじめている可能性があるので外傷が治ったらマッサージを初めていきましょう。

レベル2 ≫ 浮腫み症状やアザができる

レベル2段階に突入すると浮腫み症状が表面化してきます。あと少し角に太ももなどをぶつけただけでアザができやすくなります。レベル2段階では皮膚を強くつまむと多少の凸凹を確認できたりします。

レベル3 ≫ 皮膚表面の凸凹が露出

皮膚をつままない状態でもセルライトの特徴である肌の凸凹が確認できます。オレンジピールスキンとも呼ばれ余分な脂肪が蓄積されており細胞内では酸素、栄養不足によって肌のハリツヤも失われてきます。

レベル4 ≫ 波打つような凸凹状態

セルライトができている部分は冷たく凸凹が波をうったような状態。マットレススキンと外国では呼ばれています。この状態はリンパ液が停滞しており体内の老廃物を排出する働きも疎かになっています。

レベル5 ≫ 皮膚に大きな温度差が現れてくる

セルライトができている部分は冷えています。しかし、その中でも一部だけ温度が高い部分がでてきます。これはセルライトによって体が混乱。通常は血液を流す血管も複数ありますが、押しつぶされた状態で一箇所に集中して一部に大量の血液が集中するためこういった現象が起こるとされています。

レベル6 ≫ 治療が必要となるセルライト

日本人女性では少ないですが、脚はセルライトでパンパン。外科的治療が必要となるレベルとされています。セルライトができている部分は血行も悪く皮膚も血色が悪いです。歩くのも辛い状況となっています。

レベル1〜4までは自宅ケアで解消ができるレベルと言われています。5〜6になると自分1人で解消することが難しくなるので医療機関や専門サロンに通ってセルライトを取り除く必要が出てきます。ただ日本人女性の場合、1〜4の段階にいる人が多いのでしっかりとケアをすれば徐々にセルライトを減らす、なくすことができます。

セルライトを減らす、なくすにはマッサージ

自宅でセルライトケアをするなら、とにかくマッサージを根気よく毎日行うこと。脂肪が固くなってくると燃焼しにくくなります。根気よいマッサージを継続して続けていくと自然に老廃物が流されて徐々に減っていくことが目でわかるようになります。

同時に運動不足や筋力不足を解消していくことも大切。

運動不足は代謝を低下させてしまいます。 筋力不足は血液やリンパ液を押し戻す力に左右してきます。ムキムキになる必要はまったくありませんが、適度な筋力は合った方がセルライトができにくい体となります。

セルライト予防、解消のおともにスリミングジェル

スリミングジェルはマッサージと相性が良いボディケアグッズ。
脂肪の分解、肌の引き締め成分、保湿成分を含んでおり、マッサージと併用することで効果を高めてくれます。

通常の保湿クリームとマッサージを行うのも良いですがスリミングジェルは成分が違ってきます。より痩身に適した成分は多数配合しているのでセルライトや気になるパーツのたるみ、引き締めにピッタリ!

ホームケアでセルライト解消を目指すなら必ず使っておきたい美脚グッズの一つです( ´∀`)bグッ!

セルライトを解消
おすすめのスリミングジェル

ページの先頭へ